からだ

美容師が思う美容師(院)の選び方。

美容師が思う美容師(院)選び

こんにちは。kinocoです。

昨年末にロングからボブに。ですが最近薄毛がめちゃくちゃ気になり「こうなってしまったからには仕方ない。ショートにしちゃおう。」とバッサリと先日ショートにしちゃいました。

カットしている最中「美容師選びって案外難しいよな。美容師からみた美容師選びが誰かの参考になるのでは?」ってずっと考えていました。

今まで美容師難民の方の参考になれば嬉しい!と思いながら書いていきます。

ではどうぞ。非常に長いので目次から気になるところに飛ぶことをおすすめします!

美容師を選ぶ前に自分の理想を明確にしておく

「理想の髪型わからないから美容師選びが難しいんじゃん!」と、声が聞こえてきそうですが、私の考える「理想」はヘアスタイルではありません。

ヘアスタイルの完全なる理想がある、「絶対にこの髪型にしたい!」というのがある方は、正面・サイド・バックの写真があればだいたいは写真通りの髪型になるはずです。
あとは美容師の技術次第。写真をみて模倣ができるかどうか。経験が長い美容師を選べば理想の髪型に近づくはずです。

一番悩ましいのはおそらく以下じゃないかと思うんです。

  • 自分に似合う髪型がわからない
  • やりたい髪型はあるけどどう伝えたらいいかわからない
  • 家に帰った後、うまくできない
  • 美容師との相性が合わない

一番致命的なのは「美容師との相性が合わない」こと。美容師との相性が合わないと全てがうまくいきません。施術中も帰ってからのスタイリングも気に入らないモノになるでしょう。

で、やって欲しいのは「自分の理想を明確にしておくこと」です。

自分の理想はって言われてもわかりにくいですよね(汗)以下を参考にして欲しいのですが

  • 朝、どれくらい髪の毛に対して時間をかけたいですか?(朝はドライヤー使いますか?アイロン使いますか?スタイリング剤使いますか?)
  • 今持ち合わせている洋服のジャンルはどんなですか?(雑誌でいうとどんな雑誌が好きですか?)
  • 男性美容師・女性美容師、どっちがいいですか?
  • 大型店がいいですか?個人店がいいですか?

ざっくりとでいいのでこの辺を頭の中にでもイメージして欲しいのですが、これがわかると美容師選びの失敗が減るかと思います。

「なんとなくおしゃれだから」で選ぶと失敗します。

「理想」の次に美容師選び

個人的な意見として「美容院」で選ぶより「美容師」で選んだ方が失敗は少ないと思います。

なぜなら、個人個人持ち合わせてる技術・センスが違うから。

美容師も人間ですので、一人一人性格も技術も違います。失敗を減らすためにも「院」ではなく「師」で選んで欲しいと思います。

スタイリングが苦手な方はナチュラルヘアで仕事している美容師を選ぶ

アイロンを使うのが得意な方は、アレンジが得意な美容師を選ぶといいと思います。巻くだけでなくアレンジに幅がでると思います。

でも、「スタイリングが苦手」「朝、髪を整える時間は極小」って方は美容師選びはキモです。

美容師自身がナチュラルヘアで仕事している人を選ぶといいです。美容師自身がなんらかの理由でアレンジしていなかったり、スタイリングをナチュラルにしているから。スタイリングが苦手な方や朝に髪にかけられる時間がない方の気持ちを汲んでくれやすいと思います。

好きな洋服のジャンルを着ている美容師を選ぶ

例えば、雑誌「リンネル」が好きな方と「very」が好きな方とでは作る髪型は異なります。

持ち合わせている服、好きな(よく読む)雑誌を明確にしておくと良いです。

で、ここで美容師選びのポイントがあるのですが「美容師の服装が自分の好きなジャンル」だったら失敗が減ります。

こういうイメージになりたい!とか伝えにくいですが、近いジャンルの洋服を着ている方なら失敗は起こりにくい。というか、美容師自身が似たような洋服のセンスだとイメージの共有がしやすいです。

大胆にいきたいのか、整えたいのかで男性/女性美容師か選ぶ

美容師を10年以上やってきて思うのは、「男性美容師は切りたがり、女性美容師は残したがる」

不思議なのですが、男性美容師は伝えた長さより多めに切りたがる傾向があります。なので、「ちょっと多めに切っておきました!」みたいなことが起こり得ます。

対して女性美容師は、伝えた長さ通りか気持ち長めに残して切ります。保守的な方が多い印象。

ですので大胆に変えたいわ!ってときは男性を。キレイに整えたい!ってときは女性を選ぶといいと思います。

深くコミュニケーションしたくないときは大型店。じっくりカウンセリングとしたいときは個人店。

美容師で選ぼう!とは言っていますが、お店の規模は施術中の快適度合いを左右します。

大型店の良いところはたくさんのスタッフがいるのでコミュニケーションは浅く広くです。元々コミュニケーションが得意でない方には大型店が良いです。とは言えめちゃくちゃ話してくるスタッフもいます。でも、たくさんの人の意見が聞けるのも大きな特徴。

対して、個人店の良いところはスタッフが少ない分、お客様とスタッフの関係が密です。じっくりカウンセリングの時間を取り施術に入ることができます。イメージのすり合わせをしっかりしたいときは個人店一択でしょう。

ばっさりいきたいときはちょっと待って。できれば信頼できる美容師を見つけてから。

美容師難民の方は伸びっぱなしの方が多いのではないでしょうか?

信頼できる美容師が見つけられないから、自分で切っていたり惰性で近所の安いところに行っていたり。いずれにせよ「髪型に満足していない」状態なのではないでしょうか。

「久々に美容院にいこう!検索したらここおしゃれだしここでばっさり切ってもらおう!」これにはちょっと待った!をかけさせてください。

なぜなら、美容師とお客様の信頼ができていないうちはばっさり行くにはちょっと危険だから。

初回のオーダーとしては「整えながら、このくらい切って欲しい」くらいのオーダーがベターです。

美容師もプロ。お客様の意図を汲んでいい感じに施術してくれるはず。でも、美容師とお客様の持っているセンスは大なり小なり異なります。

髪の毛は切ったらすぐには伸びません。3cm切ったら伸びるまでに3ヶ月はかかります。

ですので、ばっさりいきたい時ほど美容師との関係を密にしておくことをおすすめします。回数で言えば3〜5回は施術してもらった方が双方安心です。

私が今回ショートにしてくれた美容師とは4年のお付き合い。回数にしたら10回くらい。これまでどんなに短くてもボブまでしか切らなかった。でも、4年のお付き合いがあるので「ショートにして欲しい。あとはいい感じにお願いします。」で、あとはお任せでお願いしました。結果、大満足の仕上がりになりました。

「お任せ」できるのは4年のお付き合いがあるからこそ。ここまでの信頼関係がないと「お任せ」は難易度MAXです。

便利なネット予約だけどできれば一度は電話してみて欲しい

ほとんどの方がネット予約する時代ですよね。便利だしポイント貯まるし。

でも、初めての予約はできれば電話予約してみて欲しいです。

電話対応は顔の見えない接客。電話対応一つでそのお店の対応がわかっちゃいます。電話対応してもらった時に不快感を感じるようならやめた方が賢明です。

でも実は、電話予約以上に接客対応が丸わかりなのが、店頭予約。

美容室の場合、電話予約かネット予約がほとんど。店頭予約ってあまりありません。だからこそ、店頭予約での対応はお店(美容師自身)の接客が丸わかりです。

近所の美容室で気になっているところだったら店頭予約も検討してみてください。

接客対応でちょっと不快感を感じるようだったら、検討の余地ありです。他のお店を探して見ると良いと思います。

髪の毛にコンプレックスがある人ほど、似たような髪質の美容師を選ぶ

美容師も個人個人髪に対する悩みを抱えていることがほとんどです。

くせ毛でめちゃくちゃ悩んでいたり、ど直毛で悩んでいたり、猫っ毛・硬い髪で悩んでいたり…様々悩みを抱えていることがほとんどです。

で、悩みを抱えつつもいい感じにスタイリングしているのが美容師たちです。だからこそ似たような悩みを抱えていそうな美容師を選ぶと◎。

くせ毛で悩んでいるなら、くせ毛の美容師に。直毛で悩んでいるなら直毛の美容師に。ボリュームが出すぎるのが悩みならボリュームがある美容師に…と、悩んでいることが似ている美容師を選ぶと失敗がグッと減るはずです。

前の会社で自身が直毛のスタッフと話していたことがあって、「私、くせ毛さんの気持ちが完全には汲んであげられないのが悔しい。」と言っていたことがありました。反対に、私自身はくせ毛なので直毛さんの悩みを完全には汲んであげることができません。

美容師自身の髪質をバッチリ当てることは難しいかもしれませんが、ホームページなどに載っている写真などをよく見ると少しは分かるはずなので、じっくり観察してみてください。

さいごに。美容師選びは生活しやすくするための大切なポイントです。

いかがでしたでしょうか?長々と書いてしまいました…。

美容師ならではの視点でわかりにくかったらすみません(涙)今私が持ち合わせている、美容師選びの全てを書きました。

美容師選び一つで毎日の生活の快適さは変わってくると思います。朝が楽!とかスタイリングしやすい!とか今より少しでも快適にできるのが美容師です。

その美容師選びのお手伝いができれば…!と今回の記事を書きました。

もしこんなこと聞きたいよ!ってことがあればぜひInstagramTwitterにDMください♡

ではまた。

 

error: Content is protected !!