くらし

2軍の洋服を持たず洋服を収納する。

服を買うなら捨てなさい。洋服収納を簡単にするコツ

こんにちは。kinocoです。

洋服、好きですか?

何を突然…って感じですがw

最近、仲間の暮らしのサポートさせてもらっていますがその中で気になっていること。

2軍の洋服」のこと。

洋服がとんでもなく好き!って人ならたくさんの洋服を所持し、着まわせばいいと思います。

洋服に対して、すごくこだわりがある!って訳じゃない場合。

「2軍の洋服」という考えを失くしたらどうだろう?と思うのです。

そんなお話。ではどうぞ。

クローゼットをキレイにしたければ2軍を捨てるべし

「洋服収納」「クローゼット収納」…みんな気になるよね。

キレイなクローゼットは見ていてキレイだし、何より「片付けやすい」

キレイなクローゼットなら「今日は何着ようかな?」とか悩むのもちょっと楽しい時間だったりしますよね。

だから、クローゼットやタンスの中はやっぱりキレイな方がいいと思うのです。

で、肝心のキレイなクローゼットを作る方法は超簡単。

2軍の洋服を捨てましょう。

もう、これに尽きるのです。

洋服の量が減れば超簡単にクローゼットはキレイになります。

洋服の手放し方は試着する&他人に辛口評価してもらう

2軍を捨てましょう。

と言われても「えー!もったいない(涙)高かったのに…」とか色々、心の声が聞こえてきそうです…

確かに高かった洋服を捨てるってもったいないんです。だって、お金を捨てているのとほぼ同じですからね。

でも、捨てましょう。いや、捨てなくてもいい。メルカリとかで売りましょ。とにかく、手元から失くして欲しいんです。

大丈夫。手放した分、今度は自分にとって本当に必要なモノが入ってきます。

では、手放す方法のコツを2点お伝えします。なかなか効果あると思いますよ。

クローゼットを一気にキレイにしたいときは洋服を全て1箇所に集めるべし

クローゼットをとにかく一気にキレイにしたいときは、洋服類を全部1箇所に集めましょう!

全部出すことで、”今、どのくらいの洋服を所持しているか”がわかります。これ、めちゃくちゃ大事です。

視覚的にモノの量を実感するだけでキレイにしよう!と言う意欲が湧いてくるもんです。

「うわぁ〜めっちゃ多い。」って人が多いと思います。

全部出したあとは選定するのみ。頑張りましょう!

選定方法① 悩んだときは試着する

これは残す、これは捨てる。やっていくうちに「これどうしようかなぁ。」って服に遭遇すると思います。

そんなときはまず試着してください。必ず全身鏡の前で行ってくださいね。

「案外いける!これならあれとあれを合わせれば着られるじゃん。」ってモノは残しておいてOK。

「ん?これ…なんかちょっと…。」ってモノは手放しましょ。

自分の中で「ん?」と違和感感じたモノはクローゼットに残しておいても、今後着ることありません。手放しても何も問題おきません。大丈夫。

こんな感じで「自分の目線」でジャッジして見てください。

選定方法② 他人に辛口評価してもらう

周りに洋服に対して「辛口」で意見してくれる人いませんか?

私の場合は旦那がそうなんですが、「その洋服ちょっと…」って言ってくれます。結構厳しいジャッジなので助かります…。本当はもっと優しくして欲しい。なんて。

こうやって、他人からのジャッジをしてもらってください。

「何を着ても素敵よ♡」って言ってくれる人じゃなくて
「なんかその洋服、ちょっと…」と言ってくれる人にジャッジしてもらう方が効果的です。

洋服は「他人軸」を気にして選ぶと手放す洋服と残しておく洋服がわかってくると思います。

kinoco
kinoco
その服、素敵ね!と言われる洋服だけ残したいよね!

全てが1軍だけになったときクローゼットはキラキラしてくる

2軍を失くし、1軍だけになったクローゼットを想像してみてください。

ウキウキしませんか?

1軍だけのクローゼットを開け、コーディネートを考え、その洋服を着てお出かけする…想像しただけでもその時間が愛おしく優しい時間が流れています。

忙しい毎日だからこそ、洋服はお気に入りだけを着て過ごせば少しは心も軽くなるはず。

お気に入りじゃない洋服は手放しちゃいましょう。

お気に入りだけのクローゼットはキラキラしてきます。

さいごに。洋服が減るだけで洋服収納は簡単になる

いかがでしたでしょうか。洋服を減らしたくなりましたか?

そうなってもらえていたら本望です。

もし、まだまだそんな気になれない。って人はぜひ「服を買うなら、捨てなさい」を読んでみてください。

きっと、洋服を減らしたくなりますよ。

ではまた。

暮らしのサポートこんにちは。kinocoです。 暮らしのサポートを開始致しました。 モノを減らし、今より快適に、そして豊かに。 私自身...

 

error: Content is protected !!