お気に入りのモノ

ミシンのおかげで暮らしが素敵に

ミシン初心者がミシンで暮らしを素敵にする。ジャノメミシン。
kinoco
kinoco
ミシンを買って暮らしが豊かになったkinoco.です

手作りなんて…って思っていたけれど、ミシンを買ったら楽しくてハマっています。

今までちょっと気になってたところとかミシンでカバーできるところが増えてもっとおうちが好きになりました。

布ってすごい!そんなお話。ではどうぞ。

市販品より手作りが元々好きみたい

市販品は完成度が高くて、特に最近のプチプラ商品ってレベル高いですよね。

だから手作りのモノってなんだか完成度が低くてなんとなく嫌だったんです。

でもよくよく考えてみたら、ご飯だって出来合いのお惣菜よりも手料理が好きだし(なんなら自分で作ったご飯が好き)、職人さんが一つ一つ丁寧に作った靴とか洋服が好き。

そもそも「手作り」のモノの方が市販品よりも好きだったみたい。

だから、ミシンを買って自分で作るのは好きなんだと思います。

目標は自分の洋服

ミシンを買ったのは「必要に迫られて」ではなくて「欲しかった」からです。

使わなくなったシーツをウエスにして捨てるだけではもったいなくて、何かに再利用したかった。これが大きな理由です。

シーツを再利用し、すでに娘の洋服を2枚作りました。再利用できたことで私の心は満たされました。

でも、それだけじゃまだまだ元は取れていない。最終目標は「自分の洋服」

自分の好きな生地や着なく洋服で、自分好みにカスタマイズできるのは手作りの醍醐味です。

自分のモノ。手始めにエプロン

ミシンが来てから自分のモノは未経験でした。

で、先代のエプロンが穴開いてまして。ずっと気になっていたけれど「まだいける!まだいける!」と早数ヶ月経っていました。

でもさすがに指3本くらい入っちゃう穴が開いてしまい決心。よし、エプロン作ろう。って。で、生地から自分で選んで作りました。

今回の生地選びで考慮したのは3つ。

  • 軽いこと
  • 乾きやすいこと
  • 安いこと

先代のエプロンは重くって乾きにくかったんです。だから洗濯するのも天気を選ぶ。だから絶対に軽くて乾きやすいことが条件でした。

そして、なんてったって初心者。高い生地は怯んでしまうのでお安めの生地で。

ってわけで生地はIKEA!!IKEAの生地は値段もリーズナブルで◎ さらにサスティナブルな企業なのでより買おう!!と背中を押されました。

▼買ったのはこの生地▼

IKEA/AINA(麻)

エプロンは型紙など用意せず、先代のエプロンからサイズを計り、その長さなどを生地に写して作成しました。

最初にしては上出来かとw

同じ生地で見せたくないモノもカバー

充電器系って見えるとどっと疲れる感じがするので、見えないようにカバーを作りました。

って言ってもかぶる程度の大きさに切ってハシをジグザグ縫いしただけw簡単すぎて笑った。

もし、手縫いだったら…って考えるとめんどくさ過ぎてやらないし、気になるのをストレス感じながら生活してるよね。きっと。

ミシンがきてから暮らしがグッと素敵になった

入園準備で必要だから…ってわけじゃなくて、欲しくて買ったんだから活躍して当然なんですけど、本当に買ってよかったです。

布1枚で見せたくないところ・見たくないところを上手にカバーできるんだから利用しない手はないですよね。

ミシン、安くはない買い物だけど「布1枚でこの収納をカバーできそう」って思う部分があるなら買うのも検討してみてはいかがでしょうか?

暮らしがググッとレベルアップしますよ。

ではまた。

私が買ったミシンはこちら


error: Content is protected !!