くらし

最小限のお皿で収納スペースを少なく。

お皿は2way以上のモノを

こんにちは。kinocoです。

先日、Instagramで質問を頂きまして。

食器棚が小さいですが収納力に不便はありませんか?

なるほど。なるほど。と思いましてね。

全然、問題ありません。むしろ快適だ。と感じる大きさです。

我が家がなぜ食器棚が小さくても大丈夫なのかを考えてみたんです。

そしたら気づきがあったのでまとめてみます。

ではどうぞ!

我が家の日常の食器はこれだけ

来客がない限りこの枚数で過ごしています。

  • 大皿 3枚
  • 小皿 4枚
  • お椀 2枚 娘用2枚(お茶碗兼用)
  • 小鉢 3枚

なかなかコンパクトにまとめていると思います。

カゴに入るだけ」と決めて、お皿を所有しているので食器を片付けるのも簡単です。

お茶碗は手放した

お気づきでしょうか。大人用のお茶碗は我が家にはありません。使わないんです。

そのための大皿3枚なのです。

我が家の献立は基本的にワンプレート

大皿にご飯・主菜・副菜のせて、お椀に汁物を入れて完成です。

ね、お茶碗いらないでしょ。使わないものは手放して大丈夫なんです。

2WAYできるモノを持つ

少ないお皿で回すからには、工夫も必要です。

どんな工夫かというと、「保存容器をそのまま出してもいいようなモノにする」ということ。

大した作り置きはしませんが、冷蔵庫に1〜2品何かしら作り置きがあります。

ラタトゥイユ(風)を入れている保存容器はホーロー。

そして、このガラス製の保存容器はダイソーです。

両方オーブン料理に使えるので、焼きカレーなど作るときに使用します。

そうすることでグラタン皿、おかずを入れるだけのお皿は必要ありません。

こうやって、保存容器をお皿代わりになるものを所有していれば必要なお皿は限られてくると思います。

あと、そのまま出せるデザインが大事

テーブルに出したときに映える方が心が満足します。

 

料理にこだわりを持ちすぎない

私が作る料理は「安全・安心な材料で簡単に作る」がモットーです。

だから材料をざっと切って「焼く・茹でる・蒸す・煮る」のどれか。

手のこんだ料理は外食で食べる。と決めています。

特に揚げ物はほとんど作りません。自分で作っても上手にできないし後片付けも大変。

だから盛り付けも本当にこだわりなく「映えるご飯」はできません。

そうなると、お皿だって少なくて済みます。

さいごに。モノを減らすにはちょっとした思考の転換を

上に書いたことと重複しますが、どんなモノでもそうですが、モノを減らしたい!と思ったら「これがなくちゃ!」という考えを減らすと良いと思います。

例えば、ラーメンはラーメン丼じゃなきゃ!とかパスタはキレイなこのお皿!とか、丼ものは丼皿じゃなきゃ!とか。こういった固定概念を取っ払い、「このお皿でも代用できるんじゃないか?」という考える。

そうすると、あれもこれもこのお皿で代用できるじゃん!となってお皿の数を減らすことができます。

実際、我が家ではカレーもパスタもラーメンも全部大皿でこと足ります。

モノが減り、部屋が広くなると待っている生活は「快適」の一択です。

思考の転換をし、何通りか使えるモノを所持しすればモノは必然を減っていきます。ぜひ、快適な暮らしを手に入れてください♡

ではまた。

パルシステムに助けられた病中の食べもの
ママが病気中に役立った食べ物。こんにちは。kinocoです。 ご機嫌いかがですか。中耳炎で日常生活に支障が出ている最近。家事もサボり気味。 そんなことは子...
オシャレママになるコツ
おしゃれママになりたい!ちょっとおしゃれに見えるコツ。こんにちは。kinocoです。 毎日、自分の身支度にかける時間はどのくらいですか?5分?10分?...3分だってかけてない!って方...

 

 

 

error: Content is protected !!