こころ

ミニマリストになってからみえたこと。

時間を作り出すにはミニマリストを目指す。自分にとって大事なこととは。

こんにちは。kinocoです。

ミニマリストを公言していますが、モノが減って見えたことがあります。1冊の本が教えてくれました。

それはモノの本質と自分の暮らし。

目に見えるものではなく肌で感じるもの。抽象的ですが、大事なことなのではと思い、忘れないように記事にします。

暮らしが雑になってるかな。と感じてる方に読んでもらいたい記事です。

きっかけはインスタグラム

この本に出会ったのはリゾナーレ八ヶ岳。心残りのブックカフェをチラ見した時に出会いました。

子連れで行くならリゾナーレ八ヶ岳
2歳児とリゾナーレ八ヶ岳の旅へ。旅行大好き!kinocoです。 みなさんはどうですか? 旅行は観光を楽しむ派?ホテルや旅館を楽しむ派? 私は後者の"ホ...
子連れでリゾナーレ八ヶ岳はの口コミ&レビュー
2歳児とリゾナーレ八ヶ岳の旅へ。その2。こんにちは。kinocoです。 https://kinocosunny.com/risonare-yatsugatake/ ...

もう、本当にピン!ときて手に取りレジに向かっていました。

最近、感じていたことを言語化してくれたような本。シンプルってこう言うことだよな。大事にしたいのはここだよな。そう思わせてくれる本でした。

時短・効率も必要だけど本当に大事にしたいことは?

ワーママになって毎日時間に追われてるけれど、今年に入りアウトプットも始めてすごく充実した日々。 InstagramやTwitter、blogも始めて楽しい日々です。

発信するには正直時間が必要。時短を常に意識して、無駄を省いた効率重視。「案外わたしってすごいじゃん。」なんてうぬぼれもありました。

でも、ふと立ち止まって「今」という時間を感じてみました。

慌ただしい日々。急がなきゃ。時間ない。あれもこれもやらないと。あー時間ない!足りない!

こんなことばかりだったんですよね。

この慌ただしさと言うのは。「向上しなきゃ。」と言う半ば脅迫観念みたいなやつで自分を勝手に追い込んで苦しめていました。

出会った本、そして旅をきっかけに切り替えられました。

私、無理していた。自分は自分で、求めていたのはこう言うことではない。求めていたのは「ゆったりした時間。自分を大切にする時間。暮らしを大切にする時間。」で、大事にしたいのもここ。

モノを減らすことはモノ自身と自分自身を大切にし、時間を生み出す

でね、私の場合。モノはかなり少ないと思います。どんどん減らして最小限になってきています。

モノのない生活は殺風景とか、独房とかあまりいい表現されないことが多くってよく思われないことが多い。

でも、目指すのはモノのない生活じゃなくって、モノを減らした後のこと。

「ミニマリストになりたいって思ってる。」でも、立ち止まって考えてみてください。ミニマリストになった後、どうなっていたいですか?

モノが減った生活をしてから気づいたんですけどね。今を大事に大切に生きていきたかったんです。

今あるモノを大切にすること、モノを愛でられる自分を大切にすること。

何かを大切にできる時間を作り出せるのが「ミニマリスト」なんだと思います。

どんどん減らしてミニマリストになると勝手に付いてくるのが「時間」です。そして、「ミニマリスト」になると「自分が大切にしたいコト・大切にしてるコト」が見えてきます。

暮らしを見直す時にはミニマリストを目指すのがオススメ

てわけで。暮らしを見直したいな。暮らしが雑になってるかも。と感じたらミニマリストを目指すことをおすすめします。

巷でもてはやされているのは「極限系のミニマリスト」なんだけど、そこまでいかなくとも不要だなと感じるモノは全て手放すことがおすすめです。

不要なモノは全て手放す。です。

手放す時にはとにかく無心で、ゴミ袋に入れていく。そして、溜まったゴミ袋を目にした時にようやく感情を入れます。「あぁ、こんなに溜めていたんだな。モノを使い切ってあげられなかったな。反省。」こう思うことができればいいですね。

私も毎度、使いきれなかったモノを手放す時はこう思うようにしています。

モノだって誰かが時間を割いて作り出したモノ。大切にしたいですよね。

モノを大切にする=自分を大切にする

こう言う図式なんじゃないかなと最近思います。

まとまりの文章を読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

掲載して頂いています

 

 

error: Content is protected !!