ミニマリストになりたいと思った時に読むオススメの本。

ミニマリストになりたいと思った時に読む参考書

数年前からずっと続いているミニマリストブーム。

その波に乗って、私もミニマリストを目指しました。

だいぶ近づいたのでは?と、勝手に思っています。

そんなkinoco的参考になった本を紹介したいと思います。

  • ミニマリストになりたいって思うけど参考になる本が知りたい!
目次

ミニマリストとは

まずミニマリストとは、簡単にいうと’最小限主義者’のことだと私は考えています。

持ち物をできるだけ少なくし、必要最低限で生活する人たちのこと。

私がこの言葉を聞いた時、単純に「そんな単語があるのか!」とただただ思いました。

ミニマリストを調べていくうちに憧れるように。

メリット多いミニマリスト。参考になった本たちを紹介します。

ミニマリストになりたい!と思ったら読む本

私が何度か読み直している本で一番参考にしているのは以下3冊です。

[chat face=”IMG_1669.jpg” name=”kinoco” align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 気になるところをどうぞ♡ [/chat]

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

ミニマリストとはどんな生活?どんな思考?それがわかる本です。

私自身「ミニマリスト」という単語を初めて知った本。ベストセラーになりご存知の方も多いはず。今年に入り増補版が出ています。まだ読んでいないので読みたいなぁ。

私の人生を大きく変えてくれたと言っても過言ではありません。

読んでいてミニマリストになろう。と心に決めた文があります。

何の目的のためにそんなにたくさんのモノを持とうとするのか。

そこまでしてモノを持ちたい「目的」は何なのか?結論から言おう。

それは「自分の価値を伝える」目的だ。

ぼくたちは自分の価値を、モノを通して誰かに伝えようと懸命なのだ。

…なるほど。私が今まで苦しんでいたことの一つに、モノの多さも関係しているかも。そう思いました。

  • この洋服を着ていればこう思ってもらえる
  • これを持っていればすごい!と思ってもらえる

私はモノで「自分はこういう人間」とか「ちょっとよく見せよう」としていました(汗)…ここだけの話、今も洋服に関してはちょっとよく見せようとしちゃってますw

でも、自分=モノではありません。自分は自分。モノはモノ。

今の私の解釈ではモノは手段です。体を守るための洋服、ご飯を炊くための鍋、モノに左右されない生き方は本当に楽です。

現在、私がモノを所有する理由はただ1つ。

使うから。

ここまでシンプルな考えに持っていってくれた本です。

 

人生がときめく片づけの魔法

世界的に有名なこんまりこと近藤麻理恵さんの本。

ミニマリストになりたい!でも捨て方がわからない!って人に読んで欲しい本です。

こんまりさんは「ときめく」を大事にしているので、必要最低限ではないです。

でも、この本通りに片付けていけば家の中が一掃されて綺麗になること間違いなし!

片付けは祭りであって、毎日するものではない

え?って思いません?私は思いました。

その後、この本の中に書いてあるここ。

一気に、短期に、完璧に、まずは「捨てる」を終わらせる

本当に祭りのようだな。と思いました。

私の場合、こんまりさんのこの本の通りに「捨てる」を一気にやりました。

今でも忘れない思い出を一つ。

この本を読み終えたのが夕方5時頃。居ても立っても居られなくなり、片付けを始めました。 その日、とりあえず「捨てる」終えたのは夜中12時すぎだったことを覚えています。45Lのゴミ袋3つ分くらい捨てたのでは無いかと思います。このゴミ袋の中身は…洋服!!! あぁどんだけ服を所有していたんだ。と呆然としたことを覚えています。

この本のおかげで「捨てる」をほぼ終えて、現在ではリバウンドなし!スッキリした部屋で暮らせています。

 

服を買うなら、捨てなさい

最後はこちら。モノが最小限になってきてワードローブに悩んだ時に読みました。

少ない服で素敵に着回すにはどうしたら?と悩んでいる方にオススメ。

冒頭の「自分自身のトップスタイリストになるために」この言葉が大好きです。

この本はドキッとする言葉のオンパレードです。一番ドキッとしたのはこちら。

「ダサい」の印象は「おしゃれ」の印象に100倍強い

うぉーー!!!まじか!!と読んだとき思いました。

作者の地曳いく子さんはアラカン!ターゲット読者は大人向け。30代オーバーに書かれたようですが、私が読んだ時はギリギリ20代。ものすごく参考になりました。

どんな服が必要で、こんな服は捨てましょうとか。少ないワードローブで着回せるHow toが書いてあります。

自分にどんな服が似合うのか?どうすれば少ない服でも素敵に見えるのか?それを教えてくれるのがこの本です。

 

シンプルライフや片付いた部屋を目指すならこちらがオススメ!

ミニマリストはちょっとハードル高いなぁ。って方も多くいるかと思います。

ミニマリストではなく「シンプルライフ」や「ていねいな暮らし」に憧れがある方にはこちらがおすすめです。

こちらの作者さんの本は定期的に読んでいます。大好きな方々です。

持たないていねいな暮らし

シンプルライフがバシッと決まります。マキさんのやらない家事の徹底ぶりがとても好きです。

「エコナセイカツ」というブログもされています。参考になりまくりますのぜひご覧になったみてください。特にシンプルで丁寧なお料理が素敵!

片付けたくなる部屋づくり

部屋の仕組み作りに悩んだ時は本多さおりさんの本を読み漁ります。

特に本多さおりさんのインスタグラムにはリアルな生活が載っているので好き♡男の子2人を育てるママさん。奮闘ぶりが親近感ありつつもとてもスッキリしているお部屋で憧れです。

シンプルに生きる

ドミニック・ローホーさんの書籍は、暮らしのコツとかではなくもっと深いところの話のような気がします。

物を持たない・執着しない。そんな考え方も教えてくれる。そんな本です。

図書館で借りる場合はこちらで一度調べてみてはどうでしょう?私も愛用しています♡

蔵書があるか簡単に確認できるカーリルがオススメ!

【まとめ】本を片手に部屋を片付けよう

いくつかご紹介させてもらいましたが気になる本はありましたか?

ご紹介させていただいた本のどれかを読むと、部屋を片付けたくなること間違いなし!w

本を片手にぜひお部屋の片付けをしてみてください♡

ではまた。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる