くらし

片付けが苦手だから収納術や収納グッズに頼らない。

こんにちは。kinocoです。

唐突ですが…片付け、得意ですか?私は、ものすごく苦手です。

でも、部屋はとてもキレイです。←自分で言う

なぜ、キレイか。モノが少ないから。

簡単にキレイな部屋を作るにはモノを減らしましょう。そんなお話。

モノはどれくらいある?

今、家の中にどれくらいモノがありますか?

いや、数える必要はないのですが。クローゼットや収納ケースにギッチギチだとしたら、もうすでに、モノの量は多すぎます。

そのモノ全て、使いこなせていますか?使い切れていないモノもあるのではないでしょうか?

クローゼットの奥底に眠っていたらもったいない。

モノの量を把握するにはぜひクローゼットの中から全部出してください。

本当に全部です。紙くず一つもぜーんぶ出してください。

部屋に全てのモノが置かれたとき、量の多さに驚くはず。

kinoco
kinoco
ドーン!!となると思います。

キレイにしたきゃ必要なモノだけにする

「必要なモノだけにする」…よくミニマリストが言うやつねw

確かに、必要なモノだけにするのがいい。でも「好きなモノ」「思入れの深いモノ」まで手放す必要はないと思ってます。

だって、「これ見てると気持ちが暖かくなる。」とか「使うには壊れているけど、あのときこんなんだったなぁ。」とか、思い出に浸ることあるよね。

心が暖かい方向に向かっているモノは、今の自分にとって「必要なモノ」です。

生活必需品と心の必需品は違う。だけど「必要なモノ」に変わりはないと思うのです。

「不用品」だけをちゃんと手放せば、部屋はどんどんキレイになっていくはず。

収納に2割の余白を作ることを目指す

では、必要なモノとはいえ、減らす基準があるといいかなと思ってます。

私のおすすめは、収納に2割程度の余白ができるくらい減らしましょう。

ギッチギチの収納はキレイに見えないばかりか、片付けにくく取り出しにくいです。

余白さえできれば全てが楽になります。

10枚あるトップスを2枚手放す。5枚あった肌着を1枚手放す。

これくらいだったらできそうじゃないですか?

kinoco
kinoco
せめて1割の余白ができるくらいまでは減らしてみて欲しい…

それでも減らせない時は…

もう一回、モノとちゃんと向き合ってみてください。

本当に必要なモノですか?手放すのをめんどくさがっていませんか?

モノを手放す時に心に引っかかりがあるのは「もったいない」「まだ売れるかも」「みんな持ってるし」だいたいこの辺だと思います。

自分の基準でモノの選択をしてみて欲しい。目の前のモノとちゃんと向き合って欲しいのです。

1回だけ、めんどくさいとかもったいないという気持ちを手放して、本気でモノと向き合ってください。

それさえ乗り越えられれば手放すことができます。

モノを減らし、簡単にキレイな部屋をゲット。

モノを減らしたあとは収納術や流行りの収納グッズなどは必要なく、簡単にキレイなお部屋が手に入ります。

この収納が便利!とかこうすればキレイになります!とか、そんなこと関係なし。

引き出しがあったら放り込むだけでOK。クローゼットがあったらひっかければOK。

簡単でしょ。

余白は大事です。今後、素敵なモノが舞い込んできた時にちゃんと入ってこられる余白を作っておきましょ♡

モノを減らせば全部解決です。

ぜひ、モノとちゃんと向き合ってみてください。手放した先の未来は明るいですよ。←え

ではまた。

暮らしのサポートこんにちは。kinocoです。 暮らしのサポートを開始致しました。 モノを減らし、今より快適に、そして豊かに。 私自身...
error: Content is protected !!