パート主婦がフリーランスになった3つの理由

パート主婦からフリーランスへ

こんにちは。kinocoです。

先日Instagramで質問頂きました。

「kinocoさんはなぜ働き方を変えたんですか?」

実はこの1年いろんな人からよく質問もらっていました。今回はフリーランスになった3つの理由を記事にしていきます。

目次

子どもが生まれて精神的に体力的にきつさを感じた

早生まれの娘は0歳児クラスで保育園に入園させず1歳児クラスで入園させました。産前産後で1年半以上子どもとべったりでのんびりした家事育児。

そんな状態からいきなり仕事も…となった時

[chat face=”IMG_1669.jpg” name=”kinoco” align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 家事育児だけならまだしも、家事育児仕事って想像以上のしんどさ。体力もきついし精神的にまじで余裕ない(涙) [/chat]

仕事はパートでしたが週5日1日7.5時間、美容師業なので休憩はあったりなかったり。スーパー激務でした。

激務なこともあり仕事終わりにはHP0…日々の生活に「余裕」というワードは皆無でした。

「おかえり」と言える環境にしたかった

毎日余裕ない中でもネット検索くらいはできるので、その中で得た情報から感じたこと。

「小1の壁はやばいらしいよ。」

小1の壁…聞いたことあります?子ども産むまで聞いたこともなかったワードでした。

保育園時なら延長もあるし18時までは申請もせず預かってくれる。それが小学校に上がると日によって帰宅時間が変わるし、夏休みなどの長期休暇がある。学童にお願いするとしてもお弁当のことがほとんど。

事実を知ってしまった時、危機感を覚えました。

[chat face=”IMG_1669.jpg” name=”kinoco” align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”]小1の壁、ヤバすぎる。パート仕事に出てる場合じゃない。現状の働き方から切り替えていかないと確実に潰れる。  [/chat]

美容師なので自宅にサロンを開くこともできます。ですが、私は「家で仕事」がしたかった。

家で仕事ができれば小学校に上がったときに「おかえり」って言ってあげられる。長期休暇に入っても学童に預けることなく自宅で仕事ができる。

理想的な環境にするためにはパート美容師をするのは違うなと感じました。

働くって大変なんだなって子どもに思わせたくなかった

パートに出て雇用されて働くと大なり小なり「愚痴」が出てしまいます。仕事の愚痴って、誰しも経験あるはず。私もその1人です。

給料が低いとか上司がどうとか部下がどうとか…小さな愚痴は雇用されているとみんながあるはずなんです。で、雇用されている状態で働くって私にとっては「大変」だったんです。

時間通りに出勤して、上司の意見に合わせた仕事をして…自分の意思で全て動けることは少ないので私には「しんどい」以外の何者でもありません。

毎日しんどいって感じながら仕事していたら、子どもは「仕事はしんどいもの」と感じてしまう。

でもママ自身が仕事って楽し〜!って感じていたら子どもは「仕事って楽しいんだ!早く仕事できるようになりたいなぁ」って思ってもらえるかもしれない。

子どもは良くも悪くも”ママに依存”すると思っています。両親の背中を見ていると思うけどママの方が圧倒的な影響力を持ってる。

だからこそママである私自身が「仕事は大変なもの」って感じない働き方をするべきだと思ってフリーランスに転向しました。

子どもを幸せにしたいからママ自身が幸せになる

いかがでしたでしょうか?私がパートからフリーランスになった3つの理由は

  • 激務から解放されたかったから
  • 小1の壁をクリアしたかったから
  • 仕事は楽しいと子どもに感じて欲しかったから

以上3つ。フリーランスになって1年経ちましたが働き方は大満足です。

仕事って人生において比重がめちゃくちゃ大きい。だからこそ働き方は幸せ度を大きく左右するし、家族円満にも影響する。

もし今、働き方に悩んでいるなら今一度、自分と見つめ直して欲しいなと思います。

「私はどんなことにストレスを感じていて、どんなことを大切にしているのか?」

これがわかると今の働き方の満足度が変わってくると思いますよ。

ではまた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる