くらし

買い替え根性はもうおしまい。SDGsな女へ。

サスティナブルエシカルな物選び

こんにちは。kinocoです。

約7年間。ほぼ毎日一緒にいたヤツがついに旅立ちました。

健やかなる時も、病める時も、いつもそばにいてくれました。今までありがとう。そしてさようなら。…なんの話って。ドリッパーの話ですww

結婚当初、旦那が同僚の結婚式の引き出物でカタログギフトをもらってきて、その時注文したドリッパーセット。

そのドリッパーがついに破損。半年前にくらいに丸いところがポロリと取れてしまい、すでに壊れていたのですが、ついに割れました。

さすがに横漏れ(ナプキンか)しそうなので処分することにしました。

そりゃ接着剤でできなくもないけれど、体内に入る物だからちょっとね。抵抗あります。

これがこうなってこういった


この形だったのに…

丸いところがまず取れて…

ついに割れたw

使い切るってこういうこと。

物が完全に壊れた時ってショックと同時に使い切った!という物に対しての労いの思いが出てくる。

このドリッパーも使い切った感で満載です。

数年前から感じていたプラスチック製の脆さ

数年前からインスタグラムのストーリーで壊れたものを載せていたんですが、壊れている物って決まってプラスチック製品。

プラスチック製品って軽くて利便性が高いんだけどどうも脆い。

我が家には物が少ないからどうしても使用頻度が高くなるから仕方ないのかもしれませんが、それにしても脆い。

両方百均だからかな。びっくりするくらいばっきばきに。プラ製品の弱さを感じて我が家からプラ製品はどんどん減らしていっています。

行き着くところはSDGsな女

ここ最近はSDGsやらサスティナブルやらエシカルやら
環境に良いことをするヒト=イケてる
みたいな流れですよね。

おそらくこの流れって一過性の物じゃなくてスタンダードになっていくと思います。

今はまだ環境に良いことしてるヒト=意識高い系ですが、いずれはコンポストが家にあるのもスタンダードになってくだろうし、水筒を持参して給水ポイントを利用するもスタンダードになるだろうなって。

いずれにせよ「サスティナブルな・エシカルな女」を目指すのは個人レベルでみても、地球レベルでみてもめちゃくちゃwin-win。

脱プラの流れからわたしも「サスティナブルな・エシカルな女」を目指しています。

サスティナブル・エシカルがスタンダードになる世の中へ

日本はこの流れが遅いです。それはSDGsな女たちのスタンダードな考え方。

ヴィーガンが流行っているけれど、欧米ではもうスタンダード。そろそろ一人一人が意識してもいい頃だと思います。(食でいったら日本にも精進料理があったんだからその流れをリバイバルすればいいなって思ってる)

SDGsな女たちの合言葉1人の100歩よりも100人の1歩』これならきっと誰でもできる。

  • ゴミを減らす
  • 水筒を持ち歩く
  • エコバッグを忘れない

こんなこと誰だってできるはず。

ぜひこれをみてる方はちょっとだけ意識してみてね。

ではまた。

\\LINE@はこちらから//

友だち追加
error: Content is protected !!